エピレーシックとラセックの特徴

その他のレーシック

もっとも代表的なレーシックは冒頭でもご紹介しましたが、ケラトームレーシックと呼ばれるものです。

 

これは様々なレーシックの基本となっているレーシックで、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」を指します。

 

この方法は、マイクロケラトームというカンナ状の電動メスを使用する方法で従来から普及している為、最も実績が多い方法です。

 

そのほかにも、イントラレーザーと呼ばれる機械でフラップを作成する「イントラレーシック」、ウェーブフロントアナライザーという検査機を使った「ウェーブフロントレーシック」、角膜屈折矯正を行うPRK、などエピレーシックやラセックの他にも、「レーシック」と呼ばれるものはいくつか存在します。

 

どの方法を選ぶかは、患者さんの目の状態を見ながらお医者さんと決めることですが、いろいろな方法があるということを知っておくことは、自分に一番合ったレーシックを選ぶ近道になるかもしれませんね。