エピレーシックとラセックの特徴

ラセックの問題点

ラセックもエピレーシックと同様に、一番の問題点と言われているのが術後の経過です。

 

通常のレーシックの場合、角膜上皮の切り口部のみの再生になる為、殆ど痛みも無く、視力が快復するまでの時間も数時間で済むと言われていますが、ラセックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全に再生するまでに時間が必要になり、数日から1週間程度は治療用のコンタクトレンズを装着する必要があります。

 

また、再生期間中は痛みや眩しくて目を開けられないような状態も発生します。

 

他にも、通常のレーシックではボーマン膜と角膜実質の切れ込みが残りますが、ラセックの場合は、ボーマン膜が消失してしまいます。

 

この点においては、各専門家によって通常のレーシックが良いとする意見とラセックの方が良いとする意見とが分かれていますが、どちらも角膜に損傷を負った状態であることには違いがなく、どちらを選択するかは、担当医と相談の上、利用者が自己責任で決めることになってしまいます。

 

また、ラセックとエピレーシックの異なる点として、アルコールの使用がありますが、このアルコールの使用による長期的な影響が現状では判明されていないため、アルコールの使用を危険視して反対する医師もいるようです。


Warning: file_get_contents(http://www.ichi777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=s&file=10&s=ok&j=ok): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/lifes029/public_html/yusyo-s.com/04.php on line 95
  • 包茎 名古屋