エピレーシックとラセックの特徴

ラセックの特徴

ラセックは、基本的にエピレーシックと同じものと言うことが出来ます。

 

エピレーシックとの異なるの点として、フラップを作成する際にエピケラトームの代わりに、角膜をアルコールに浸して柔らかくなった角膜上皮をめくることでフラップを作成するという点が挙げられます。

 

ラセックは、エピレーシックと同様に、角膜が薄い場合や強度の近視の場合に適している方法だと言えます。また、フラップは角膜の再生によりはがれ落ちる為、眼球に強い衝撃を受ける可能性がある場合にも適用されます。

 

フラップの厚さは角膜上皮分の50μmになり、通常のレーシックの半分以下になる為、フラップの扱いが困難になってしまいますが、角膜上皮が完全に再生されると手術前と同様の眼球の強度を保つことができます。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • AGA 静岡