エピレーシックとラセックの特徴

エピレーシックの特徴

目の角膜は、角膜上皮(50μm)、ボーマン膜(10μm)、角膜実質(400〜500μm)、デスメ膜(10μm)、角膜内皮(5μm)の5層からなっています。

 

通常のレーシックでは、角膜上皮から約100〜200μmの厚さでフラップを作成する為、角膜実質の中間でフラップを切り取ることになります。

 

エピレーシックの場合は、角膜上皮とボーマン膜の間でフラップを切り取ることになる為、50μmの厚さのフラップになり、ボーマン膜の上からエキシマレーザーを照射することになります。

 

通常のレーシックでは角膜実質で切り取りますが、5層の角膜の中で再生するのは角膜上皮だけの為、手術後も角膜実質に切れ目が入った状態になってしまいます。

 

一方エピレーシックの場合は、戻したフラップはやがて剥がれ落ちて、新しい角膜上皮が再生されます。

 

つまり、エピレーシックはボーマン膜をレーザーで消失する代わりに、通常のレーシックに比べ強度の保った角膜になることから、眼球に衝撃を受ける可能性があるボクサーなどに適している手術法でもあります。


Warning: file_get_contents(http://www.ichi777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=s&file=10&s=ok&j=ok): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/lifes029/public_html/yusyo-s.com/01.php on line 95
  • ウィペット